モビット 総量規制

モビットは総量規制対象ですか?

初めてのキャッシングにもビットを選ぶ方が多いですが、残念ながら、モビットは総量規制の影響があります。
総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などを規制する「貸金業法」にある仕組みのことです。
モビットは消費者金融になりますので、貸金業法の総量規制を守らなければなりません。

 

総量規制では、業者による過剰な貸付を防止するため、融資の上限額を「年収の3分の1以下」に制限しています。
たとえば、毎月5万円のアルバイト収入がある方が申し込む場合、年収が60万円となりますので、モビットからの融資は、最高でも20万円までとなります。

 

注意しなければならないのは、年収の3分の1の計算が「消費者金融からの融資の合計額」となっていることです。
すでにプロミスやアコムからの借入がある場合、その合計額が年収の3分の1以下にならなければならない、というものです。

 

もし、すでに年収の3分の1近くの借り入れがあったり、専業主婦の方がモビットに申し込もうとしているなら、銀行カードローンのバンクイックを選んでみてはいかがでしょうか。
総量規制の対象外ローンですし、100万円までは収入証明なしで借りれます。
モビットのような迅速な審査も可能ですので、申込みから約1時間後には、お金を受け取ることができます。

 

モビットもバンクイックも人気のあるカードローンですので、審査が混雑していることを念頭に置き、早めの申込みを心がけるようにしましょう。